調理師免許を取得して、プロの調理師になろう!
調理師免許を取得して、プロの調理師になろう!

調理師の免許

調理師免許取得方法





調理師免許の取得方法について紹介します。調理師免許の取得方法ですが、二種類の取得方法があります。調理師免許の取得方法の一つ目としては、調理師の国家試験を受験して調理師免許を取得すると言う方法と、厚生大臣が認定している調理師の専門学校へ通って、調理師になるための、技術や知識を身につけて、そして卒業と同時に調理師免許をもらうことができると言われています。


調理師免許取得のためには、調理師試験を受けないといけないのですが、調理師試験を受けるためには、条件があります。調理師試験を受ける際の条件と言うのは、まずは学歴ですが、中学校卒業以上の学歴が必要になってきます。そして、2年以上飲食店などで調理師見習いとしての見習い期間を経てようやく調理師の試験を受験することが出来て、合格して初めて、調理師免許が取得できることになります。しかし、調理師免許の取得は書類をそろえての申請などを行ってからになるといわれています。

調理師免許試験

調理師免許試験日時について





調理師免許試験の日時について紹介したいと思います。調理師免許試験の日時ですが、調理師免許試験は各都道府県で実施されているので、その都道府県によって調理師免許の日にちも時間も違ってきます。それらは各都道府県のホームページなどを見れば詳細がわかると思います。私も色々な都道府県の調理師免許について調べてみましたが、ほとんどのところで、毎年同じ時期に実施されています。夏ごろに行われているところが多いようですね。また、調理師免許の試験は年に1回行われているところと2回行われているところがありました。自分の受験する場所は何回行われていていつ行われているのか調べてみるといいですね。


調理師免許試験の日時が違う都道府県なら、かけもちで受験することも可能です。ですから複数受験可能ということですね。調理師免許試験の日時が違っていて自分が受けにいけるなら受ければそれだけ合格の確率が上がるかもしれませんね。調理師免許試験の日程に関しては都道府県か各保健所へ問い合わせてみるのが一番です。

調理師免許

調理師免許の条件の基本情報






調理師免許の条件について紹介します。調理師免許の条件として、まず、調理師になるためには、調理師の国家試験を受験して合格するということが調理師免許の条件の一つです。そして、もう一つ、調理師免許の条件として、厚生労働大臣が指定している調理師養成学校を卒業するという条件があります。この二つが、今のところ調理師免許をもらうための条件になっています。


調理師免許の試験にも条件があります。これは中学卒業程度の学歴が必要です。そして、二年以上の実務経験も必要になってきます。こちらは飲食店などの調理に関わる職場で調理師として二年以上働くことが調理師免許の試験の条件です。他にも、この二つの調理師免許の条件どちらかをもって申請するわけですが、ここでも条件があります。健康診断書を提出するのですが麻薬中毒などにかかっていないかどうかも調べます。これらのいろいろな条件が満たされて初めて調理師として免許をもらうことができるのです。

調理師免許試験の取得後

調理師免許を三重県で取得したその後





調理師免許を取得後について紹介したいと思います。調理師免許を三重県で取得してからどうしますか?三重県内で調理師として働いてもいいと思いますし、他府県へ行って調理師として働いてもいいと思います。また最近では海外進出する人が増えています。というにも、海外で今とても日本食が人気だそうです。今までだったら、ブームや流行として日本食が一時的に人気だったこともあったそうですが最近は、体にいい和食、日本食ということで、日本食が海外で定着しているようです。


ですから、調理師免許を三重県でとってから海外へ進出する人も中にはいると思いますし、海外進出も夢ではないと思います。調理師免許を持って、海外のレストランや飲食店で働いてもいいですし、自分で日本食レストランを出店してもいいかもしれませんね。調理師免許がなくてもできるのですがやはり調理師免許は証明にもなりますからあったほうがいいと思います。調理師免許をとったあとの進む道は人それぞれですが海外進出も一つですね。

調理師免許取得後

調理師免許を静岡県でなくした場合




調理師免許を静岡県でなくしてしまったとき、どうしますか?調理師免許をなくしてしまうことってあると思います。例えば財布に入れていてうっかり落として調理師免許を無くすこともあると思います。また無くさなくても汚してしまったり破れてしまったりすることもあると思います。調理師免許証をこのように何らかの事情でなくしたり破損してしまった場合、静岡県の保健所へ問い合わせてみましょう。


調理師免許の再交付という扱いになります。調理師免許の再交付をしてもらう際は、再交付申請書に必要事項を記載して、必要な書類や手数料と一緒に指定された場所へ提出します。調理師免許の再交付についての詳細は静岡県のホームページに各静岡県内の市ごとに詳細が掲載されていますからそちらを参考にするといいと思います。静岡県以外のところで調理師免許をとった場合は手続きができないことがあるのでその場合は直接保健所へ問い合わせてみましょう。静岡県内で調理師免許を取得した人はそのまま静岡県での再交付が可能です。

調理師免許試験の地域

調理師免許試験の千葉県の基本情報

調理師免許試験の千葉県についての基本情報を紹介します。調理師免許試験の千葉県のことについて詳細が知りたい人は、千葉県市原健康福士センターのホームページに詳細が掲載されているので見てみるととても参考になりますよ。調理師免許試験の千葉県の詳細についてですが、まず、調理師免許試験には受験資格がいりますよね。その際、実務経験二年以上というものがありますが、実務経験をしたことならない場合があるので紹介してみたいとおもいます。


調理師をする場所で働いているとはいえ、直接調理をしていないのは認められません。例えばウェイターやウェイトレスをしている人や食器を洗ったりしている人というのはこれは駄目です。そして、昼間は学校へ行きながら調理の仕事についている人も大学生ならいいのですが高校生などの場合は認められないことになっています。パートやアルバイトで週4日、一日6時間以上働いていない人も認められないので、それらを注意して調理師免許試験を受験しなければいけませんね。

調理師免許試験の資格

調理師免許を取るための実務経験

調理師免許を取るための実務経験について紹介します。調理師免許を取るために実務経験が要るってご存知ですか?これは調理師免許を試験を受けて取得する人の受験資格とされています。調理師免許を養成学校などでとるときには必要ないのですが、試験を受けて調理師免許をとる場合には、実務経験が二年以上必要です。


調理師免許を取るための実務経験は、どこで行えばいいのかというと、調理師の業務が出来る場所ならどこでも言いそうです。飲食店をはじめとして、レストランや旅館、病院や施設などの調理室など調理に関わる場所なら、お惣菜屋でもいいそうです。二年以上の実務経験で調理に関する様々なことを直接現場で学んでから調理師試験を受けるということになります。調理師の実務経験はパートやアルバイトや非常勤では受験資格にはみなされないそうですが、週に4日以上で一日6時間以上働いている場合は、パートやアルバイトでも実務経験を二年したことになって受験資格になるそうです。

調理師免許取得後

調理師免許を取得して埼玉県で職探し





調理師免許を取得して埼玉県で職探しをすることについて紹介したいと思います。調理師免許を取得してから調理師として活躍する人はとても多いと思います。調理師免許をもっていれば活躍できる職場も沢山ありますよね。例えば一般的に飲食店で働くことが出来ます。またレストランや旅館などの宿泊施設で働くことも出来ますよね。調理師免許を持っていなくても、調理師の仕事には就けますが、やはり調理師を持っていれが責任のある仕事を任されることもあるでしょうし、これから先、調理師として自分でお店を構えることもできると思います。


それから、小学校や施設などで給食などを作る仕事もありますね。大変だけど、子供達に美味しかったといわれて、とてもやりがいのある仕事だと聞いたことがあります。他にも調理をする場として医療の現場病院などでもご飯を作ることが出来ますよね。調理師免許を持っていれば就職先の幅も色々と広がると思います。調理師免許を取ったら、自分がどんな仕事をしたいか考える必要がありますね。

調理師免許試験の地域

兵庫県の調理師免許試験の詳細





毎年一回おこなわれている兵庫県の調理師免許試験についての詳細を紹介したいと思います。調理師免許試験は、毎年一回行われています。時期は7月のどれかの日曜日に行われています。試験が行われている場所は兵庫県では7箇所です。神戸市、姫路市、伊丹市と加古川市と豊岡市、洲本市、そして篠山市の7箇所です。調理師免許試験の受験料はいくらかご存知でしょうか?受験料は6100円で、支払い方法は、兵庫県の収入証紙で支払うことになります。


試験を受ける際の受験資格は都道府県共通です。新制中学を卒業しているかそれと同じくらいの学力がある人。そして、二年以上調理師としての仕事をしていた人ということです。兵庫県の調理師免許試験の願書は毎年5月中旬から受け付けられています。詳細が書かれた用紙は、毎年4月になると保健所などで配られるそうです。それ以外にも、兵庫県のホームページからも調理師免許試験の詳細は知ることが出来ますからそちらも参考になさるといいと思います。

調理師免許試験

調理師免許の本の種類について





調理師免許の本の種類について紹介したいと思います。調理師免許の本と一言で言っても色々な種類があると思います。例えば、調理師になりたいと思った人に向けてガイド的な本もあります。こちらのガイドの本では、調理師免許を取るためにはどうしたらいいのか書かれていたり、これから調理師免許を取るために学校へ行こうと思っている人のために、全国の調理師養成学校についての情報を掲載している本も有ります。そして、調理師の本といえば、調理師試験を受ける人のためのテキストもありますよね。


調理師試験に向けた本でも、テキストとして使えるものもあれば、問題集的な本もあります。また、調理師試験の問題と解答の本もありますから、こちらは、都道府県の調理師の国家試験の過去問題を掲載しています。調理師の本は沢山の種類がありますが試験に役立つ本を自分で選んでぜひとも合格を目指したいですね。本屋さんの資格コーナーに沢山の種類の調理師免許に関する本が販売されていると思います。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。