調理師免許を取得して、プロの調理師になろう!
調理師免許を取得して、プロの調理師になろう!

調理師免許の試験

調理師免許の試験





調理師免許の試験について紹介します。調理師になるためには、調理師免許の試験に合格して、免許を取得しなければなりませんよね。調理師免許の試験を受けることが出来る人と言うのは、受験資格があります。調理師免許の試験を受けることが出来る人は、中学校卒業以上の学歴を持っていて、飲食店などで2年以上実務経験を積んだことのある人が調理師免許の試験を受験することが出来ることになっています。


調理師免許の試験のないようですが、試験は筆記試験だけなので、特に技術の試験があるというわけではないのです。筆記試験の教科ですが全部で6教科あります。衛生法規という教科、公衆衛生学、栄養学、食品学、食品衛生学、そして調理理論の六教科あります。調理師免許の合格率と言うのは、それぞれの都道府県によっても違うと言われているのですが、だいたい平均して、調理師免許の試験の合格率は74パーセントくらいだそうですから、それほど難しいというわけでもなさそうですね。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/53027826
この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。