調理師免許を取得して、プロの調理師になろう!
調理師免許を取得して、プロの調理師になろう!

調理師免許試験の資格

調理師免許を取るための実務経験

調理師免許を取るための実務経験について紹介します。調理師免許を取るために実務経験が要るってご存知ですか?これは調理師免許を試験を受けて取得する人の受験資格とされています。調理師免許を養成学校などでとるときには必要ないのですが、試験を受けて調理師免許をとる場合には、実務経験が二年以上必要です。


調理師免許を取るための実務経験は、どこで行えばいいのかというと、調理師の業務が出来る場所ならどこでも言いそうです。飲食店をはじめとして、レストランや旅館、病院や施設などの調理室など調理に関わる場所なら、お惣菜屋でもいいそうです。二年以上の実務経験で調理に関する様々なことを直接現場で学んでから調理師試験を受けるということになります。調理師の実務経験はパートやアルバイトや非常勤では受験資格にはみなされないそうですが、週に4日以上で一日6時間以上働いている場合は、パートやアルバイトでも実務経験を二年したことになって受験資格になるそうです。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/54847860
この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。